オフィスレイアウトは業績にも直結することもある

オフィスレイアウトは会社の業績を左右してしまうほど、重要になる場合があります。

というのも、職場環境が悪ければそこで働く社員たちのモチベーションが下がってしまうこともありますし、より効率を重視したレイアウトにすればよりスピーディーに業務を遂行することが可能になります。



効率が悪ければ無駄な時間とコストが掛かりますし、社員のモチベーションが低ければ創造的な仕事ができず、仕事がただの作業となってしまいます。



こうした弊害をオフィスレイアウトを変更するだけで大きく変えることができる可能性があるのです。

例えば社員同士のコミュニケーションが希薄でほとんど会話すらもないようなオフィスに、ちょっとしたコミュニケーションスペースを設けるだけで会話が増え、それぞれを尊重することができるようになるかもしれません。

注目のGirls Channelについて考えます。

また、単にデスクを並べているだけの無機質な空間に、ちょっとした観葉植物を置くだけでリラックスしながら仕事ができるようになるかもしれません。
オフィスレイアウトを変更する際には、現状ではどのような課題を抱えているのか、ということを分析した上で、その課題解決のためにどのような空間が適しているのか、そしてどんな環境にしたいのか、ということを考えなければなりません。
それは決して責任者が一人で決定するのではなく、役職や勤務年数、部署などの垣根を越えてそこで働く社員たち全員で考えることで、より効果的になるといえるでしょう。